CripTo-Brasil Blog ヤマト健康センターの旅:地元の成功から全国的な認知まで

ヤマト健康センターの旅:地元の成功から全国的な認知まで

ヤマト開発センター50年 価値の伝統
いじることにより、子供たちはさまざまな役割を担うことができ、他の人の立場や視点を理解する機会が得られます。 その下で、私たちはままごとが若者が自分の仕事を見つけるのにどのように役立つかを徹底的に理解しています。

共感を生み出す: おままごとをすることで 0歳木のおもちゃ、子供たちはさまざまな役を演じることができ、思いやりや他人の立場や感覚に共感する能力を生み出すのに役立ちます。 たとえば、専門医とのゲームで患者役を演じる場合、実際には患者の視点を想像することで苦痛や緊張を理解し、共感の感情を養うことになります。

人間関係の能力をさらに発達させる: ままごとをしている間、子供たちは役割を引き受けて他の人と話します。 さまざまな仕事を見つけ出し、相手の立場や立場を考慮してスムーズに話し合うことが重要です。 こうした出会いを通じて、下級生は人間関係能力をさらに発展させ、他者への参加や思いやりを広げることができます。

受け入れられている習慣を理解する: 子供たちはままごとで社会的な役割を担うかもしれません。 たとえば、子供たちは家族の遊びで親の役を演じるときに、家族のルールや基準を学ぶことができます。 さまざまな仕事を通じて社会的な仕事や基準を理解することで、社会的な行動様式やルールとの一貫性の感覚が養われます。

交流と協力を促進する: ままごとの間、子供たちは協力して役割を果たします。 さまざまな仕事をしている子供たちが、仕事を交換しながら互いにつながり、遊びながら、他の人との対応や協力能力を養うことができます。 これは同様に、異なる視点や仮定を認識する適応力を養います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *